水炊きに次ぐ名物!博多とり田の特製坦々麺を食べに行ってきた!

こんにちは、かねさんです。

博多のとり田(でん)と言えば、美味しい水炊きで有名なお店です。そのとり田が出している坦々麺のお店に初めて行ってきました。

梅雨も明けてカンカン照りな毎日なので、冷やしうどんや冷麺も良いですが、辛いものを食べて、汗をかいて夏を乗り越えるのも良いのではないでしょうか。

さっそくご紹介します。

1.とり田福岡PARCO店でランチ

とり田の坦々麺専門店は、今回お邪魔した福岡PARCOの他に、博多駅のKITTE等にも入っています。PARCOの地下1階、レストランが立ち並ぶフロアにとり田があります。

カウンターもあり、テーブル席もあり、広めの店内です。店内の一部のカウンターは屋台のようになっていておしゃれ。

2.特製坦々麺を注文!何辛を選ぶか迷う

カウンターへ座りメニューを眺めると、坦々麺以外にも、幾つか種類がありました。もちろん坦々麺を目的と来たのですが、他のも気になります。特にごま鶏そばなどは、水炊きが有名なとり田が出しているのだからきっと美味しい…!

迷いましたが特製坦々麺を選びました。坦々麺は辛さを調整できるようで、辛さ控えめ1辛から、辛いの得意な人向けの5辛などがありました。

特に辛さが得意という訳では無いので、初めてですし基本の3辛チョイスですが10辛を頼む人もいるんでしょうね。

こんな貼り紙もありましたし。

10辛を超えて注文する日は来ないでしょう…

注文して待つ間は、卓上の玄米茶をいただきました。

あらかじめ置いてある紙エプロンをスタンバイして、準備OKです

3.特製坦々麺にありつく!そして…

注文してから10分もしないうちに来たでしょうか。特製坦々麺がお目見えです。

ごまの香りと、辛めな香りがスーッと鼻に抜ける良い香りです。入っている具としては、ネギ、もやし、鶏そぼろ、半熟卵とシンプルな感じ。麺は中太麺でスープの絡みもOKです。

辛さはピリッと来る辛さがありつつも、鶏のマイルドさがあるなという印象。ただ辛いだけでなく、旨辛いのがとても満足できました。

ほぼ食べ終わりかけた時に、ふとメニューに目をやると博多めんたい丼の文字が。

お腹の余裕もあり、メニューの写真を見たら食べたくなってしまったので追加オーダーしました。

それがこちら。

独自に味付けしてある明太子と高菜、かつおぶしに、生卵を乗せて特製のお醤油でいただくひと品。

こんな美味しそうな写真をメニューで目にしてしまったら食べたくなりますよね?!坦々麺の後にシメ代わりの博多めんたい丼、あっという間にいただきました。

4.まとめ

初めてとり田の坦々麺専門店へお邪魔しましたが、とても満足しました。次はごま鶏そばへ行くか、あるいは辛さを上げて特製坦々麺に行くか。

さらに、若鶏の唐揚げのサイドメニューにも惹かれています。

近いうちにまた伺おうと思います。

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。