老舗の牛タン屋さんなのに味噌カツも食べられる!「一隆」の牛タン定食を堪能した!

こんにちは、かねやんです。

仙台でしか食べられない牛タンと言えばどこだろうということで、

先日、牛タン屋「司」へ行って来ました

司の話をSNSで話したところ、一隆というお店をオススメされました。

せっかくなので行って来ました。さっそくご紹介します!

お店の場所

仙台を走る東西線の青葉通一番町駅から5分ほどの所にあります。

お店の開店が11時半のため、10分前に行ってみましたが、、

 

既に、たくさんの人で行列ができていました!その数約20人ほど。

並ぶかどうか躊躇しましたが、時間もありせっかくなので並んでみることにしました。

牛タンと味噌カツのミックス定食

結局、30分ほど並んで店内へ。

店内は撮影禁止とのことで撮れませんでしたが、カウンターが6席、小上がりの座敷が16席ありました。混んでいたため、他のお客さんとの相席でした。

店内の壁にはこれまで訪れた有名人のサイン色紙が所狭しとならんでいました。日付を見ると1980年代の日付もあり、1973年からやっているお店の歴史を感じました。

席に着いて注文したのは、気になっていたミックス定食。

牛タンと名古屋名物の味噌カツがひとつのお皿に乗っているセット。聞けば仙台の味噌カツは名古屋から持ち帰り、オリジナルの味にしたそうです。

味噌カツと牛タンの両方が十分な量のある定食です。

味噌カツはほどよく脂身がついていて、話に聞いた通り、サラサラとした味噌がかかった味噌カツです。

牛タンも肉厚で甘めの味付けとなっていて食べ応えがあります。

定食は他に牛タンにはお決まりの麦ご飯とテールスープがついています。

テールスープは中に入っているお肉がとても大きく、スープも、牛タンや味噌カツの味をリフレッシュさせてくれる濃厚な味でした。

牛タン屋で食べられる味噌カツに驚くとともに、仙台オリジナルの味を感じることができ、得した気分になりました。

 

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。