Bリーグ17-18シーズンチャンピオンシップファイナル、アルバルク東京vs千葉ジェッツ観戦記②〜試合開始!〜

こんにちは、かねさんです。

前の記事に引き続き、Bリーグのチャンピオンシップファイナル、

アルバルク東京vs千葉ジェッツの観戦記。

いよいよ、試合開始!

1.オープニングセレモニーからの選手入場!

試合開始まで10分を切ると、オープニングセレモニーが始まりました。

コートの中央には、優勝チームに送られるトロフィーが用意されました。

どうやらティファニー製のよう。照明にキラキラと輝くトロフィーは、遠くから見ていてもハッキリと分かります。

音楽と効果で会場が盛り上がった後、いよいよ両チームのスターティングファイブが登場。

まずは千葉ジェッツ。

1人1人呼ばれるごとに、会場のスクリーンやオーロラビジョンに選手の名前と顔が映し出されます。

そしてアルバルク東京。

こちらが両チームのスターティングメンバー

いよいよ試合開始まで30秒。

コートでは、お互いの選手が試合前の挨拶を行います。

2.試合開始!!!

Tipoffで試合開始!

第1Qは一進一退の攻防。

千葉ジェッツ富樫選手が攻める!

負けじとアルバルク東京も田中選手が攻める!

両チーム攻撃の機会を生かしつつも、お互いにミスもあったりして互角の戦い。第1Qは1点差でアルバルク東京がリード。2分間のインターバル。

第1Qと第2Qの間には、千葉ジェッツのチアダンサーによるパフォーマンスが行われました。

3.そして第2Q

第2Qもお互い譲らずイーブンな展開。

それでも、徐々にアルバルク東京のシュートの確率が上がっていき、厳しいディフェンスで有利な展開に。

ルーキーの馬場選手のカットイン

試合の合間合間でコート上空にあるオーロラビジョンでリプレイを流してくれるので、ワンプレイが分かりやすいです。

第2Qでは、タイムアウトのタイミングでチアダンサーのパフォーマンス。今回はアルバルク東京チアの番。

相変わらずダンスがキレッキレ(笑)

 

結局、第2Q終わってアルバルク東京が10点リードで折り返しとなりました。

2Qラストには、アルバルク東京ウィリアムズ選手のロングシュートブザービーターがあり、一気に雰囲気はアルバルク東京ペース。

4.ハーフタイムショーは公式ソングを歌うFLOWBACKのライブ

5人組のFLOWBACKのみなさんが、2017−18年Bリーグ公式ソングを披露してくれました。横浜アリーナということもあって、ライブ会場のような雰囲気になりました。

そして、自分自身もエネルギー補給。

カップにもFINALの文字が入っていてちょっとテンション上がりました⤴

そしていよいよ後半戦です。

続きは次の記事で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。