創業1909年の老舗、新橋の末げんで鳥ひき肉親子丼を食す!

こんにちは、かねさんです。

鳥ひき肉親子丼って食べたことありますか?

親子丼と言うと、鳥モモと玉ねぎが玉子でとじてあって、上に三つ葉なんかが乗っているのが一般的ですよね。

今回食べたのは、鳥モモの部分が鳥ひき肉になっている親子丼。

初の親子丼に大満足の味わいでした!

さっそくご紹介します。

1.お店の名前は「末げん」創業1909年の老舗

鳥ひき肉親子丼をいただいたのは、新橋にある「末げん」さん。

創業1909年、明治42年から続く老舗の割烹料理屋さんです。

割烹料理屋だけあって、夜は10,000円を超えるコースも珍しくないようですが、お昼は1,000円台とリーズナブルにいただけます。

2.末げんさんの場所

場所は、JR新橋駅の日比谷口を出て、正面のSL広場を横目に左に2分ほど行くとすぐに見つかります。

この日は土曜日でしたが、開店前すでに10名ほどのお客さんが並んでいました。

3.第1陣で入店!さっそく鳥ひき肉親子丼を注文。

店内はお座敷とテーブル席があり、全部で40席ほど。

無事、開店最初の第1陣で入店することができました。ちなみに店内は土足厳禁。入り口で靴を下駄箱に入れてから入店です。

 

店内は落ち着いた和の雰囲気。お座敷に通され、ランチメニューを見ます。

から揚げ定食、たつた揚げ定食などがありますが、お目当は鳥ひき肉親子丼のかま定食

こちらを注文しました。

3.甘い出汁の効いた鳥ひき肉親子丼!

10分としないうちにお目当のものが登場!

かま定食の中身は、

お揚げと青菜の酢味噌和えと、

お吸い物、漬物、冷茶、そしてお目当の鳥ひき肉親子丼です。

ぱっと見カツ丼のような見た目ですが、よくよく見るとたっぷりのひき肉と玉子で埋め尽くされています。

ひき肉と玉子に甘いお出汁が絡まって、良い味出してます( ◠‿◠ )

鳥ひき肉なので、食べにくい場合はスプーンもOKだそう。

一気にかき込んでいただきました♪

4.まとめ

食べ終わってお会計のところへ行くと、こんな但し書きが。

割烹料理屋らしく?ニコニコ現金払いのみのようです。

ちなみに、ワンワンとカワイイ女の子の写真の缶バッチ飾ってあったので、もしかしたら店長さんの娘さんかな?とか思って、一応ブログ用には加工してみました。

他ではなかなか食べられない鳥ひき肉親子丼をぜひどうぞ!

 

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。