2018-19B.League開幕戦、千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダース、船橋アリーナへGO!

こんにちは、かねさんです。

2018-19シーズンのB.League、B1の開幕戦、千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースの観戦に行ってきました。

今シーズンの最初の試合を生で見られるこの幸運!

さっそく千葉ジェッツの本拠地、船橋アリーナへ行ってきました。

1.船橋アリーナの最寄駅

東京メトロ東西線から直通する東葉高速鉄道の「船橋日大前」駅が船橋アリーナの最寄駅です。

東京方面から東西線へ乗ってそのまま向かう場合は、後ろの方の車両へ乗ると降り口が近くて便利です。

1番後ろの車両よりも、後ろから2〜3両目がおススメです。

駅を降りると、千葉ジェッツの広告や、B.Leagueの表示があり、降りた時からテンションが上がります

駅の東口を上がり改札を抜けると、再び千葉ジェッツが登場します。

階段広告に、

壁面広告

駅全体で千葉ジェッツを盛り上げていて、とても良い雰囲気です。

2.船橋アリーナへ10分の道のりを行く

船橋日大前駅の東口を出て、右方向へ向かいます。この降り口さえ間違えなければ、もう船橋アリーナに着いたも同然でしょう。

左手に日大のグラウンドを見ながら、真っ直ぐ道を進みます。

試合が行われる日は、人の波が都度できているので、それに乗っかっても良いですね。

 

ひたすら真っ直ぐ行くと、5分ほどで丁字路にぶつかります。

丁字路には、そこから船橋アリーナまでの詳細地図があるため、ここで確認すれば迷わないかと。

1つ気をつけたいのは、この先通るのが住宅街のため、騒いだりするのはNG。マナーを守って行きたいですね。

3.船橋アリーナ到着!たくさんの人で賑わっていた!

船橋アリーナへ到着すると、入場するための列ができていました。

この日は開場から2時間ほど経っていましたが、続々と人が入っていました。

入場に際し手荷物検査を行い、チケットを見せます。スマチケでチケットを取ったので、スマホの画面にスタンプを押してもらいました。

この画面に電子スタンプを押してもらうと、

こうなります。

赤いスタンプが中央へ押されました。

またこの日は開幕戦ということもあり、XFLAGと千葉ジェッツがコラボしたTシャツが配られました。

それ以外にもステッカーやプログラム、試供品のマウスウォッシュなどなど、盛りだくさんでした♫

 

中へ入ると、たくさんの人で賑わってました。

開幕戦ということで花輪が飾ってあったり、

選手の等身大パネルや、

プレイエリアもありました。

他にもグッズショップや、ファンクラブの会員受付、2階のフードエリアがありました。

フードエリアは行列ができるほど。時間的にもお腹が空く時間です(^^)

 

今回座るところは1階席ですが、ちょっとコートの様子が気になり2階からのぞいてみました。

B.Leagueのチェアマンである、大河正明氏の開幕の挨拶中でした。

試合開始まで1時間を切ったので、そろそろ席に行かねばと、いそいそと1階へ降りて行きました。

 

1階へ降り、コートの入り口でチケットを見せ、いざ座席へ。

開幕前盛りだくさんのイベントがそこから始まりました…!

続きは次の記事で。

 

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。