東京ドームエキサイトシートで初観戦!この席はすごい!大興奮の野球観戦!

こんにちは、かねさんです。

 

たくさんの試合を東京ドームで観戦してきましたが、

いつかあそこで試合を観てみたいな”と思っていたのが、エキサイトシート。

今回その願いが叶ってしまいました!

せっかくなのでエキサイトシートをご紹介します♪

1.東京ドームのエキサイトシートとは

 

東京ドームのエキサイトシートは、1塁側と3塁側のスタンドからせり出しているシートで、選手のプレーに一番近い席です。

この席のチケットは、市場にはまったくと言っていいほど出回らない超プレミアム席。

価格も20,000円と高価ですが、それ以上にシーズンシートのオーナーさん等が抑えてしまうのでお目にかかることがありません。

TVの野球中継に常に映るバックネット裏の1列目と似たようなプレミアム感があります。

今回初めて座ってみて、

エキサイトシートは文字通り、普通の座席よりもエキサイティングな思いができるシートでした!

2.入り口は普通の席と同じ。

今回座ったのは、一塁側のエキサイトシート。席へ行く方法は通常のスタンド席と同じくチケットを見せてスタンドの通路を一番下まで降りていきます。

スタンド席の一番下までたどり着き、スタンド席とエキサイトシートの間にあるネットの前で、改めて係員にチケットを見せます。

エキサイトシート側から見ると、こんな感じで、常にスタッフの方が券面チェックをしています。

まさに特別感あるシートですね。

3.エキサイトシート初見参!ネットが無い!

この日は平日。

仕事で遅くなり、東京ドームへ着いた時には既に試合が始まって30分ほど経過していました。

試合中のエキサイトシートへ降りると、その景色にテンションがMAXに!

球を避けるための防護ネットが無い!

ネットが無いことはもちろん知っていましたが、実際にその席に座ると想像を超えます。

これは、、、すごい。

 

席に着くと、グラブ、ヘルメット、エキサイトシート利用の説明書がシートに置いてありました。

シートはクッション性のあるカバーがついた席です。

防護ネットが無いので、ボールが飛んできた時のためのグラブとヘルメットですね。

・ヘルメットを必ず着用すること

・ボールから目を離さないこと

この2つが鉄則のようです。

まぁ周りを見渡すとヘルメットをつけている人はそこまで多くなさそうですが、、、

みなさま大丈夫かしら。

エキサイトシート初体験の私は、終始左手にグローブ、頭にはヘルメットを付けて観戦していました。

スタッフのおじさんがちょこちょこヘルメットの注意喚起にやってきます。

この日は、エキサイトシートにボールが飛び込むことは無かったと記憶していますが、近くをライナー性の打球が飛んで行くことは度々ありました。

その度に、ヒヤッとしました(笑)

4.エキサイトシートの席周りの環境

今回座ったのは、エキサイトシート4列目。

エキサイトシートは前の席との間隔がひろく、かなりゆったりとした作りです。

席の前を、余裕を持って歩けるくらい幅があります。そのためか、4列目であっても前が見づらかったり、観戦しにくいということが全くありません。

エキサイトシートであればどの列でも、見えにくいということは無さそうです。

・1塁側エキサイトシートからスタンドを振り向いた時の風景

この日は、日米野球2018の初戦ということもあり、お客さんの数も多かったです。

 

・1塁側エキサイトシートからバックスクリーンを振り向いた時の風景。

座ったエキサイトシートは、55列付近ということで、外野席よりの座席。

外野スタンドの応援を間近で感じられる席でした。

 

・一番前の席にちょっとだけ移動してエキサイトシート1列目から見える風景

視界さえぎるもの何もなし。ボールが直で飛んできたら危険なこと間違いなし!(笑)

選手と同じ目線で試合を見られるのは、本当にすごいことです。

 

5.選手を間近で見られる!

エキサイトシートは、何度もいうようにネットが無く、とても視界がクリア。

イニングの合間に選手がキャッチボールしている所も間近で見ることができます。

ソフトバンクの上林選手。

上林選手とキャッチボールをしていたのは、西武の秋山選手

表情までハッキリわかります。

そしてこの日一番の興奮だったのが、こちら

背番号55番、HIDEKI MATSUI!

日米野球のアメリカ代表チームの1塁コーチャーとして、立っています。

現役時代ドンピシャだった自分としては、大興奮の光景です!

 

イニングの合間には、キャッチボールが終わった選手からボールをもらおうと、最前列に人が集まります。

ほとんどが子供ですが、時々大人も混じっています(笑)

選手もリクエストに応えて、毎回イニングが変わるたびに選手がボールを投げ入れてくれます。

 

この日だけなのかどうか分かりませんが、エキサイトシートは子供が多い!

若い時からこんな贅沢を…!なんてうらやましい!

6.肝心の試合はというと

この日は、日米野球2018の第1戦。日本代表チームと、メジャーリーグオールスターの試合でした。エキサイトシートで大興奮しながら見ていた試合の結果は、見事日本の勝利!

最終の9回にソフトバンク柳田選手のサヨナラスリーランホームランが飛び出し、劇的な幕切れ。

エキサイトシートに座っただけでも貴重なのに、

その上逆転サヨナラホームランとは。

 

ツキすぎて怖かったです。

7.まとめ

思わぬ形でご招待いただいたエキサイトシート。

長年待ち焦がれただけの興奮がありました。

次はいつ行けるだろうか。

今度行くときは一眼を持って参戦したい。。。

その機会が楽しみです!

 

それでは、今日はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。