東京ドームのバックスクリーンクラブ野球観戦記その1〜バックスクリーンクラブってこんなところ〜

こんにちは、かねさんです。

 

東京ドームのバックスクリーンクラブをご存知ですか。

今年2018年から新設された野球観戦の新しい座席枠で、外野席の一角にその席があります。

シーズンシートなので、市場にはあまり出回らない席なのですが、今回、ご招待いただき初めてその席で野球観戦をしてきました。

飲み放題、食べ放題、応援もし放題な、また行きたくなる席をご紹介します!

1.東京ドームバックスクリーンクラブの入り口

外野席に位置するバックスクリーンクラブは、東京ドーム25番ゲートから入場します。この日は、正午開場、午後2時試合開始というスケジュールでしたが、

開場前の25番ゲートは、休日ということもあり、11時半頃にはすでにたくさんの人で一杯。

私も初のバックスクリーンクラブということもあり、気合を入れて開場前に到着しました。

バックスクリーンクラブも、同じ25番ゲートから入場なので、普通なら列の最後尾に並びますが、そこはさすがシーズンシート。

専用レーンがあります。

この日開場前に専用レーンに並んでいる人はゼロ。

ここでいいのか不安になるくらい誰もいなかったです(笑)後から思いましたが、シーズンシートを買えるくらいお金持ちな方は、ゆったりのんびり来るのかもしれません( ´ ▽ ` )

 

専用レーンに並んだ後は、専用の手荷物検査レーンに誘導されます。

ただ、入場時のチケット確認は一般の列と同じのため、横入りするような感じになり申し訳ない気がします。どうせなら、最後まで専用レーンで行きたかったですね。

2.入場すると、まず専用のリストバンドをつけてもらいに行きます。

25番ゲートから入場して、

階段を降りていくと、案内表示があり、

この案内表示を右に行くと、すぐにバックスクリーンクラブの入り口があります。

ここでチケットを見せて、

腕にバックスクリーンクラブ利用者の印であるリストバンドを巻いてもらいます。

これがチケット代わりになるので、毎回チケットを見せて席に行く必要が無くなります。

3.観戦する席はどこなのか?

リストバンドをつけてもらったら、ひとまず本日観戦する座席を下見。

バックスクリーンクラブから通路へ出て、54通路の入口へ向かいます。

先ほど入ってきたときに見た案内表示版のちょうど裏にあります。バックスクリーンクラブのラウンジからは隣なので、迷うことはありません。

54通路を通り、球場内へ入ります。

外野席から眺める東京ドームも滅多にないので、新鮮な感じです。

外野席=超応援する人、応援団が座るイメージなので、普段の野球観戦でもなかなか来る機会がありません。

座席は背もたれ無しのプラスティック製の椅子。バックスクリーンクラブ専用の各座席には、黄色い紙が置かれています。

黄色い紙は、バックスクリーンクラブの諸注意事項で、ラウンジでの過ごし方等が書いてあります。

座席から後ろを見上げると、まさにそこはバックスクリーン。

東京ドームの内野席から見てどのあたりかと言うと、

「RYOBI」と「日本アンテナ」の間に挟まれた席一帯がバックスクリーンクラブの座席です。(※写真は別の試合)

座席の左には、外野席が広がっています。開場直後でまだ人はまばらですが、練習中の選手の打球が外野にポンポン飛んで来るので、油断は禁物です。

ちなみに、この席はジャイアンツの外野応援席のすぐ隣ということもあり、ジャイアンツの応援以外は禁止と明確に書かれています。

その点、ご注意!

バックスクリーンクラブ野球観戦記その1おわり。

その2へ続く。

東京ドームのバックスクリーンクラブ野球観戦記その2〜ラウンジビュッフェでお腹一杯♪〜

東京ドームのバックスクリーンクラブ野球観戦記その3〜試合後のお楽しみ!グラウンドに降りる!〜

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。