ほどよく漫画を1日1話読めるアプリのおかげで、ONE PIECEをフルカラーで読み始めた!

こんにちは、かねさんです。

 

みなさんは漫画を読みますか?

私は昔、家に1,000冊以上漫画本があって、棚も床も漫画でいっぱいな時期がありました。

しかし、連載開始からずーっと人気のアノ作品については、今まで何となくスルーしていました。

それが、1日1話読めるアプリのおかげでついに読み始めたのです…!

1.気づいた時には50数巻…

スルーしていた漫画は、ONEPIECE

「読んだことないんだよねー」と言うと必ず驚かれる漫画です。

まれに、「あ、私も」という人がいるので親近感が湧きます(笑)

 

ジャンプを読んでいる頃も、連載されていることは知っていました。

ただ、自分の琴線?に触れずに日々が過ぎ、せっかくの人気漫画なので読もうかなと思った時には、もうコミックが50数巻になっていました。

「今から買うのもタイヘンだなぁ」

「レンタルコミックで読んでも落ち着いて読めないなぁ」とか

色々考えて結局手を出せずにいました。

 

まとめて読めてしまうと、どうしても連載時の感動とかワクワクが薄れる気がするんですよね。

ジャンプであれば続きは1週間後、コミックなら3ヵ月後くらいに続きが分かるので、そこまで色々と想像するのも楽しいのですが、

まとめて読める!と分かってしまうと、まとめて借りたりできてしまうので、10巻先後で分かる伏線が同じタイミングで分かってしまうようなことがあるのです。

まぁコレは性格的な問題で、1回に1冊ずつ買ったり借りたりして、その次を1週間とか1ヵ月後にできる人はそんなことないんでしょうけど。。。

2.そんな時に見つけた1日1話アプリ

そんなまとめ読みに性格難?のある私が見つけたのが、1日1話読めるアプリ。

しかもフルカラー!

「ONE PIECE 毎日連載公式マンガアプリ」です。
このアプリは、毎日1話新しい話が配信され、その都度読むことができるアプリです。しかもフルカラー!
ジャンプやコミック本はモノクロなので、1度読み終わっている人も楽しめるアプリなのではと思います。

① 読み始めるところは、好きなところから設定できる。

アプリをダウンロードしていざ読み始めようと思う時、途中まで読んだ漫画の場合は、最初からしか読めないとつまらないですよね。読んだ先に行くまでが退屈で結局飽きてしまったり。

このアプリはスタートする話を選ぶことができます。

私はもちろん最初から読み始めましたが、すでにたくさんの巻数が出ているので、途中から読みたい人も多いのではないかと。

大体の巻数や話の内容を覚えていれば、続きから読むことも可能です。

② 配信された話は1週間は保存される。

 

配信された話の7話分はアプリ内に残るので、昨日読み忘れた!となっても今日2話分読めます。1週間以上読み逃すことがなければ大丈夫です。

第1話だけはいつでも無料で読むことができます。

3.まとめ

1日1話決まった時間に配信されるため、良くも悪くも次の日の同じ時間にならないと読み進められません。

この毎日決まった時間に1話ずつというのが、連載時の雰囲気を味わえてとても気に入っています。もっとも、連載時は週1回とか、増刊号の時は2週間待たなきゃいけないとかありましたけど。

動画を見たら1話追加で読めるとか、シェアしたら読めるというようにはなりますが、急いで先々を知っても面白くないので、あまり使っていません。

動画視聴やシェアで追加できるのは1話のみですしね。

この1日1話アプリは他にもあり、私はONEPIECEと同時にNARUTOも読んでいます。

どちらもちょっとした空き時間に読めるので毎日楽しみです。

 

私のように全く読んだことがない人も、

途中まで読んで、読むのをやめてしまった人も、

すでに最新刊まで読んでいる人も、

 

皆楽しめるアプリかなと思います!

注)スクリーンショット画像は全てアプリ内のものを拝借しています。一部加工しています。

それでは、今日はこの辺で。

 

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。