落合シェフのおすすめするレシピでポークカツレツを作ってみた!

こんにちは、かねさんです。

イタリア料理の巨匠、落合務シェフのレシピ本を友人からいただきました。食べることに目がない私としては、どれもこれも美味しそう。

「絶対おいしくできるから、やってみてよ」と落合シェフに言われたので、1つ選んで作ってみることにしました。

1.落合シェフのレシピ本は、解説が丁寧

レシピは全て写真付き、細かい解説付きでわかりやすい作りです。文体も落合シェフが話しかけているように書いてあるので、何かこう気軽に読めます。

今回は、レシピ本の中からポークカツレツをチョイス。寒い日にアツアツなカツレツを目指しました。

2.テキスト通りに進むものの、、やはりスキル不足!

今回、わりとレシピ本通りに進めたのではないかと思います。

買ってきた豚のブロックをカットし、肉たたき(は家に無かったので包丁の背と棍棒で)平たく伸ばし、諸々パン粉までつけて格子状の網目を入れる。

パン粉にパルメザンチーズをたっぷり目に混ぜるところが、いつもの揚げ物と違う印象です。

オリーブオイルとバターを熱して、

カツを投入!

表面出ちゃってるけどいいのかな?と思いつつレシピ本を見ると、

「肉が半分つかるくらいの量で大丈夫」と書いてあったのでそのままGO。裏面までこんがり焼いて、

揚げてる間にルッコラを切って、

揚がったカツとルッコラ、ブロッコリーのアーリオオーリオでお皿を飾ります。

完成!

どうにかこうにかというところですが、焼き色とか形とか、まだまだ落合シェフのようにはいかず(そりゃそうだ)

パン粉にたっぷりパルメザンチーズを入れ込んだので、このままでも結構味がしました。ソースをつくる時間が無かったので、美味しいお塩でいただきました。

またトライしてみようと思います。

 

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。