ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンが我が家に降臨!懐かしの姿とご対面の開封の儀!

こんにちは、かねさんです。

1990年に任天堂から発売されたスーパーファミコンのリメイク、ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンが、この度我が家に降臨しました!

今年の10月に発売されてから売り切れ続出でしたが、やっと手に入れることができました!懐かしい姿にワクワクしながらの開封の儀です。

1.ニンテンドークラシックミニスーパーファミコンって何?

ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン(以下スーファミ)は、冒頭でも述べたように、1990年に発売されたスーパーファミコンのリメイク版です。

昔と変わった点については後々ご紹介するとして、新しく発売されたスーファミは、お値段8,618円とかなりお買い得です。お買い得である理由も後でお話します。

2.箱が…小さい!本体も…小さい!

スーファミの箱は、縦が500mlのペットボトルくらいの長さしかありません。昔は大きかった気がしますが、その謎はすぐに解けました。

まず箱を開けると、丁寧に梱包された各パーツがお目見えします。

はやる心を抑え、1つ1つ梱包を解いて行くと、本体とコントローラ、そしてTVと接続するためのケーブルが登場します。

昔のスーパーファミコン時代に遊んだ人からすれば、この絵の違和感に気づくはず。本体がコントローラ2個分の大きさしかない!

本体は、ペッドボトルよりもずっと小さい!

手乗りスーファミができる!(笑)

というくらい、本体が小さいです。本当にびっくり。昔を知る人間としてはカルチャーショックです。

先ほども書いたように、コントローラ2個分が本体の大きさ。しかもコントローラの大きさは昔プレイしたときと同じ大きさ。いかに本体が小さいか分かります。

3.さっそくTVに接続し電源ON!

スーファミとTVの接続にはHDMIケーブルを使います。電源はUSBケーブルなので、コンセントにように何かしらのアダプターが必要です。

私はiPhoneの充電に使うアダプターを使っていますが、公式のアダプタも任天堂から出ているようです。

本体の後ろに、HDMIケーブルとUSBケーブルを刺します。

余談ですが、コントローラを刺すところも昔と若干変わっています。

昔はこの①、②と書いてあるところにコントローラのケーブルを刺しましたが、本体を小さくしたので、難しいのか、

パカっと開けて刺すタイプになりました。

では、早速TVに接続し電源ON!

ここで昔のオールドファンなら気づくであろう2つ目のポイント。

カセット刺してない!!

 

ハイ、今回のスーファミはカセットレスで使えます。全て内臓のハードディスクに当時のゲームデータが格納してあります。スゴいです。遊べるゲームタイトルは、箱の裏にも記載があります。

この絵だけで、当時を知るオールドファンとしてはお酒が飲めますw

懐かしのゲームタイトルがずらり。どれからやろうか目移りするところです。

TV画面に戻って、

ずらーっと並んだタイトルから1つ選択して遊ぶことができます。例えば、

スーパーマリオワールド

ゼルダの伝説

FZERO

などなど。計21タイトルが遊び放題です。

あまり遊ぶと時間を使いすぎてしまいますが、時には童心に戻ってやり尽くすのもいいかもしれませんね。

あぁ、夜通しゲームをやってテストの点数が悪かった記憶が蘇ります(笑)

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。