バルミューダのトースターといつものトースター両方で焼いて食べ比べてみたらモチモチの食感に驚いた

こんにちは、かねさんです。

昨日バルミューダのトースターが我が家にやってきたことを紹介しました。

今朝、さっそく使ってみました。

せっかくなので、これまで使っていた3000円のトースターと同じ時間焼いてみて、食べ比べをしてみることにしました。

焼き方条件

・6枚切りの食パン1枚ずつ

・焼き時間は3分

焼いてみた

バルミューダのトースターはスチームで焼きます。

と言うことでまず水をセットトースターを開けると天板の上に水を入れるスペースがあります。

5ccのカップ一杯の水を入れて準備OK

時間を3分に合わせて、焼きスタート。同時にいつものトースターもスタートです。

バルミューダの方は焼き始めると「プシューッ」という音とともに蒸気が出てガラスがくもりました。

バルミューダはカチコチ音がしながらタイマーが進んだり、出来上がりにピピーッと鳴ったり、細部も凝っています。

出来上がり

バルミューダと、いつものトースターそれぞれ3分焼いた結果がこちら。

見た目にはそれほど差は無いもよう。

まずいつものトースターで焼いたパンを1口食べると、サクッとモチッと美味しいパンです。

次にバルミューダで焼いたパンを食べると、いつものトースターと明らかにモチモチ具合が違います!

いつものトースターで焼いたパンがモチッ!なのに対して、バルミューダで焼いた方はモチモチモチッ!としてます(笑)

いや、ホント全然違うもんなんですね。

スチームでより水分が残っているとかそういうことなのでしょうか。

冷めても美味しいバルミューダ

その真価は冷めてしまった時にも発揮されています。

トースターで焼いたパンの食べ終わりの方は、どうしても冷めて固めになってしまうものです。

ただ、バルミューダは冷えても外側も固くならず、中もモチッとしたままでした。

これは色んなパンを試したくなりますね。次はクロワッサンかな。

ちなみに、今回使ったパンはコンビニでサクッと買ってきたもの。

次は有名パン屋さんのパンを焼いてみたい!

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.
Shintaro Kanegae

Shintaro Kanegae

2017年1月からブログを開始。 ある時、ブログを書いているブロガーと呼ばれる人たちの集まりに顔を出したら、とても楽しそうな雰囲気をまとっていることに惹かれる。自分もブロガーになってみたいとの想いからブログを開始。 平日は普通に会社に出勤するサラリーマン。休日もたまに出勤するサラリーマン。家と会社の往復だけなんて真っぴらごめんだーと思いながら、美味しいご飯、楽しいイベント、読んでよかった本を中心に、私が体験したことを写真と共に書き綴っています。